オリゴ糖を含む食べ物

オリゴ糖を含む食べ物|オリゴ糖の役割と食材

オリゴ糖を主成分とした健康食品はいろいろとありますが、やはり健康の面から考えても自然の食品からもしっかり摂りたいところですよね。オリゴ糖は、低カロリーですし優しい甘さなので健康にもダイエットにも良いですよ。

 

またオリゴ糖は、善玉菌のエサにもなるので腸を活性化して腸内を整えてくれるので、便秘解消にもつながります。普段の食事にオリゴ糖を積極的に取り入れて、健康なカラダづくりに役立てましょう。

 

オリゴ糖を含む食べ物

オリゴ糖を含む野菜

 

オリゴ糖が含まれている食べ物を大まかにいうと野菜や大豆になります。すごく身近な食べ物に含まれるんですよ。特に玉ねぎやキャベツ、ジャガイモ、ニンニク、とうもろこし、アスパラガス、ゴボウには、オリゴ糖がたくさん含まれています。

 

野菜にはオリゴ糖以外にも食物繊維やミネラル、ビタミンなども含まれているので、便秘に悩んでる方や美肌になりたい方は、積極的に摂っていきたいですよね。

 

また大豆にはオリゴ糖が豊富に含まれています。大豆は、いろんな食品の原料に使われていますよね。納豆や味噌、豆腐などこちらもとても身近な食品です。まさに昔から食べられている日本食というものです。特に発酵食品には食物性乳酸菌なども含まれています。

 

特に納豆の納豆菌には、整腸作用もあるので便秘解消の効果が期待できそうですね。さらに大豆には、イソフラボンという成分もあり女性ホルモンに作用するので美肌などにも良いですね。

 

そのほかに果物だとバナナにもオリゴ糖が含まれているんです。バナナは、食物繊維が豊富なことでも知られています。朝食やデザートに取り入れやすい食べ物のひとつですね。

 

オリゴ糖の役割

オリゴ糖と言ったら、まず腸内の善玉菌のエサになって腸を元気にしてくれるというイメージが強いですが、それだけではありません。

 

実は、虫歯予防にも良いとされてます。オリゴ糖は、砂糖より甘くないですが砂糖の代わりとしても使われることが多くなってきています。砂糖とは違って、虫歯になりにくいという特徴があります。子どもの虫歯が気になるという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

そのほかの役割として、血糖値を下げる効果も期待されています。ご存知の方も多いと思いますが、血糖値が上がるのは糖分の摂りすぎが原因とも言われていますよね。オリゴ糖は基本的に、カロリーが砂糖の半分で甘さが半分以下のものがたくさんあります。

 

そのためコーヒーに入れる砂糖や普段から料理に使う砂糖をオリゴ糖に変えるだけで、血糖値を下げることにつながりますし、食事のカロリーも抑えられますよね。

 

他にもアトピー改善や免疫力の向上などいろいろな効果が期待されてるオリゴ糖。現在、便秘解消のためにオリゴ糖を意識して摂ってる方が多いと思いますが、便秘以外でも健康を保つためにもとても良いものとされています。乳酸菌の働きをサポートするのもオリゴ糖です。積極的に摂って健康なカラダづくりを心がけていきましょう。

 

オリゴ糖を摂る際の注意

オリゴ糖を一度に大量に摂取すると、一時的に腸内細菌のバランスが崩れ、お腹が痛くなったり下痢になったりするので注意が必要です。何にでも共通することですが、いくらカラダに良くても、摂りすぎは良くありません。摂りすぎに気をつけましょう。

 

関連ページ

オリゴ糖は何に効果があるの?


 

関連ページ

オリゴ糖って何?乳酸菌とどんな関係なの?
乳酸菌とオリゴ糖の関係をまとめてみました。
ケフィアってなに?ヨーグルトと何が違うの?
最近よく耳にするケフィア。ロシアではポピュラーな発酵食品らしいけど、ヨーグルトと何が違うのか気になったので調べてまとめました。
ケフィアを家で作る方法
自家製ケフィアを作る方法を調べました。手作りのケフィアを作りたい方は参考にしてみてくださいね。
ラクトフェリンってなに?乳酸菌とどんな関係?
最近よく耳にするラクトフェリン。乳酸菌と何が違うの?ラクトフェリンは何に効くの?ラクトフェリンについて調べてみました。
ビフィズス菌って乳酸菌と何が違うの?
テレビで乳酸菌以外に、ビフィズス菌やという言葉を聞くので、それについて調べてみました。どんな効果があるのかもまとめてみました。
フェリカス菌って乳酸菌と何が違うの?
テレビで乳酸菌以外に、フェリカス菌という言葉を聞くので、それについて調べてみました。どんな効果があるのかもまとめてみました。
植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い
同じ乳酸菌でも植物性乳酸菌と動物性乳酸菌は何が違うのか、どちらの方が体にいいのか。気になる乳酸菌について。