ラクトフェリンと乳酸菌の違い

ラクトフェリンって乳酸菌と何が違うの?

ラクトフェリンは、母乳や動物の乳に多く含まれている糖タンパク質のことです。鉄と結合するという性質を持っています。糖タンパク質とは、タンパク質に糖が入ってるもののこと。レンコンや山芋などの食べ物ものに含まれています。

 

糖タンパク質には、胃粘膜の保護や抗炎症抑制、また繊維質も豊富なので便秘解消などの効果が期待できますね。

 

さらにラクトフェリンは、出産から数日間の初乳と言われるものに多く含まれていて、殺菌効果と免疫力の強化などの働きをします。初乳は、栄養化が高いというのは聞いたことがありますよね。例えば、赤ちゃんを外敵から守ったり、鉄と結合するので貧血予防にもなります。

 

このほかにも、体脂肪の減少などダイエットなどにもいいとされていますし、精神を安定させたり、若返りの効果も期待できます。女性にとって、気になる悩みが解消できる嬉しい成分なんです。

ラクトフェリンの効果とは


ラクトフェリンは、乳のほかに唾液や鼻汁、血液などにも含まれています。体の外から侵入しようとするウィルスから、体を守る力があります。健康を維持するためには、ぜひ摂取したい成分のひとつですね。

 

このラクトフェリン、ヨーグルトや牛乳、チーズなどの乳製品に含まれますが熱に弱く、加熱殺菌処理をしている場合ほとんど残りません

 

殺菌をしていない絞りたての牛乳などに含まれるものなので、日常ではなかなか摂取しづらいものです。もし摂取するならば、サプリメントを利用するのが手軽でいいかもしれませんね。

 

ラクトフェリンと乳酸菌の違いは何?

腸は、数多くの種類の腸内細菌が存在しています。

 

そのうち、カラダにとって有益な物質を生み出す働きをするものを善玉菌といい、カラダの不調を招く原因をつくるものを悪玉菌と言っています。

 

健康な人であれば、善玉菌が占める割合は多いのですが、ストレスや食生活の乱れなどで腸内細菌のバランスが崩れると悪玉菌の割合が増えてしまいます。そうすると体が不調になり、肌荒れや頭痛、イライラ感なども起きはじめます。

 

そこで腸内環境を整えるために最近話題のラクトフェリンが活躍してくれます。

 

腸内環境を整えるものとして乳酸菌のほうが認知度も高いかもしれませんね。でも、乳酸菌とは役割が違うものなんです。

 

乳酸菌は、直接腸まで届いて腸内環境を良くしてくれますが、ラクトフェリンそのものには、腸内環境を変える力はないのです。

 

ラクトフェリンは、母乳などに含まれ、鉄と結合するという性質を持った糖たんぱく質。ラクトフェリンは鉄と一緒になることで悪玉菌の増殖を防いでくれます。さらに善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすことで腸内環境のバランスを整えてくれるんです。

 

ラクトフェリンの効果・効能

ラクトフェリンは、カラダにとってさまざまな良い効果をもたらしてくれます。

 

細菌やウィルスからの攻撃を守ってくれたり、肌荒れや老化、病気発生の原因となる活性酸素の発生を抑制してくれたり、また抗炎症作用もあります。さらに整腸作用にも寄与していたり、貧血予防、ダイエット効果、骨密度アップなどにも効果があります。

 

このようにカラダの健康維持には、欠かせない成分と言えるのではないでしょうか。自分に合った摂り方で積極的に摂取して健康な体づくりに役立てていきましょう。

 

 

ラクトフェリン


関連ページ

オリゴ糖って何?乳酸菌とどんな関係なの?
乳酸菌とオリゴ糖の関係をまとめてみました。
オリゴ糖を含む食べ物|オリゴ糖の役割と食材
オリゴ糖の役割とオリゴ糖を含む食べ物について調べてまとめました。
ケフィアってなに?ヨーグルトと何が違うの?
最近よく耳にするケフィア。ロシアではポピュラーな発酵食品らしいけど、ヨーグルトと何が違うのか気になったので調べてまとめました。
ケフィアを家で作る方法
自家製ケフィアを作る方法を調べました。手作りのケフィアを作りたい方は参考にしてみてくださいね。
ビフィズス菌って乳酸菌と何が違うの?
テレビで乳酸菌以外に、ビフィズス菌やという言葉を聞くので、それについて調べてみました。どんな効果があるのかもまとめてみました。
フェリカス菌って乳酸菌と何が違うの?
テレビで乳酸菌以外に、フェリカス菌という言葉を聞くので、それについて調べてみました。どんな効果があるのかもまとめてみました。
植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い
同じ乳酸菌でも植物性乳酸菌と動物性乳酸菌は何が違うのか、どちらの方が体にいいのか。気になる乳酸菌について。