フェリカス菌と乳酸菌の違い

フェリカス菌と乳酸菌って何がちがうの?

乳酸菌とフェリカス菌の違い

CMなどで耳にするようになったフェリカス菌。

 

伊藤園の乳性飲料「朝のYOO」にもフェリカス菌と大きく書かれているので、スーパーなどで見かけるたびにフェリカス菌ってなんだろう?と思っていたので調べてみました。

 

フェリカス菌サプリへのリンクバナー

フェリカス菌サプリ(EC-21)のレビューページへ

 

フェリカス菌は乳酸菌の一種

 

フェリカス菌は色々な種類のある乳酸菌の一種です。

 

形が球の形をしていてとても小さいため、狭いところまで行き届いて作用します。

 

また、一般的な棒状の乳酸菌と違って球型のフェリカス菌は大量に摂取するのに向いています。

 

 

生きたまま腸に届けなくてもいい?

 

最近の研究では、死滅した乳酸菌(死菌)でも体にいい影響を及ぼすことがわかってきました。

 

生きたまま腸まで届かないからと言って、まったく役に立たないわけではないんですね。

 

死菌でもたくさんの乳酸菌を取り込むことができれば、腸内環境によい影響を及ぼすという考えです。

 

そのため、殺菌加工しで扱いやすくなったフェリカス菌をたくさん体に取り入れることもおすすめです。

 

フェリカス菌はとても小さな球菌なので、一般的な乳酸菌よりも数多く摂取することができます。

 

その大きさはヨーグルトなどに含まれている乳酸菌と比べると1/5程度の大きさしかないため凝縮しやすく、大量に摂取しやすい乳酸菌です。

 

また、殺菌された乳酸菌はその後の加工や管理もしやすく、常温でも品質を維持することができるためとても扱いです。

 

 

乳酸菌を殺菌して死菌にするわけ

 

生きた乳酸菌(生菌)をとることがとても大事なように感じますが、酸に弱い乳酸菌はそのまま取り込んでも胃酸などで死滅してしまうことが多いそうです。

 

そのため、はじめから高度な加熱処理をほどこして殺菌した死菌を生み出す方法も考え出されました。

 

しっかりとした技術で作られた死菌は、そのほとんどが消化も分解もされずに腸まで届いて善玉菌のサポートをします。

 

 

 

とても小さな菌だから腸の隅々まで行きわたるフェリカス菌サプリ

フェリカス菌サプリのサイトリンク
フェリカス菌サプリ(EC-21)のレビューページへ

 

 

久光製薬さんから販売されているフェリカス菌サプリメントは、乳酸菌の栄養となるオリゴ糖も一緒に含まれています

 

また、フェリカス菌はたくさん摂りやすい形をしているので1兆個の乳酸菌(フェリカス菌)を一度に摂取することができます。

 

 

ヨーグルトは100mlに最低10億個の乳酸菌が含まれているそうです。(厚生労働省の乳等省令より)

 

もし、100mlに10億個の乳酸菌が入っているとしたら、このサプリメントにはおよそヨーグルト100個分の乳酸菌が含まれている計算になりますね。すごい!

 

 

 

関連ページ

オリゴ糖って何?乳酸菌とどんな関係なの?
乳酸菌とオリゴ糖の関係をまとめてみました。
オリゴ糖を含む食べ物|オリゴ糖の役割と食材
オリゴ糖の役割とオリゴ糖を含む食べ物について調べてまとめました。
ケフィアってなに?ヨーグルトと何が違うの?
最近よく耳にするケフィア。ロシアではポピュラーな発酵食品らしいけど、ヨーグルトと何が違うのか気になったので調べてまとめました。
ケフィアを家で作る方法
自家製ケフィアを作る方法を調べました。手作りのケフィアを作りたい方は参考にしてみてくださいね。
ラクトフェリンってなに?乳酸菌とどんな関係?
最近よく耳にするラクトフェリン。乳酸菌と何が違うの?ラクトフェリンは何に効くの?ラクトフェリンについて調べてみました。
ビフィズス菌って乳酸菌と何が違うの?
テレビで乳酸菌以外に、ビフィズス菌やという言葉を聞くので、それについて調べてみました。どんな効果があるのかもまとめてみました。
植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い
同じ乳酸菌でも植物性乳酸菌と動物性乳酸菌は何が違うのか、どちらの方が体にいいのか。気になる乳酸菌について。