乳酸菌の植物性と動物性の違い。どちらが体にいいの?

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いとは

乳酸菌の違い

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いは、まずその菌たちがどこで多く存在するのかということです。それぞれの特徴を見てみましょう。

 

植物性乳酸菌とは

植物性乳酸菌は、野菜や大豆、それにお米を発酵させたものに含まれる乳酸菌です。野菜を発酵させたものは、キムチなどの漬物などがそうです。大豆は、納豆や味噌、醤油などでお米は、日本酒などに含まれています。

 

植物性乳酸菌が含まれる食品は、低カロリーなものが多いので栄養分があまりない過酷な場所でも生き抜く力があります。

 

ブドウ糖や果糖、ショ糖、麦芽糖など多様なものが養分となり、ほかの細菌など共存する体力を持ち合わせているんです。また熱や胃酸に強いので、簡単に分解されないのです。だから、植物性乳酸菌は腸まで届いて、腸内環境を整えてくれると言われています。

 

さらに植物性乳酸菌は、人間の体内で生存率が高い「プロバイオティクス」でもあります。プロバイオティクスとは、胃酸で死滅せずに腸まで到達し、そこで有益な働きをする微生物のことです。体内のほかの微生物や細胞を刺激し、人体にとって有益なものを活性化させ、反対に害となるものを制御してくれるのです。

 

免疫力を高めるための重要な働きをしてくれるのが、プロバイオティクスの大きな特徴です。植物性乳酸菌は、そんなプロバイオティクスの一種なので近年注目を浴びています。

 

動物性乳酸菌とは

乳酸菌の違い

動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれる乳酸菌です。

 

動物性乳酸菌の養分は、基本的に乳糖となります。動物性乳酸菌は、ほかの細菌と共存しない単独で生きている乳酸菌になります。植物性乳酸菌のように品目別の栄養分の差に対応しなくていいので、動物性乳酸菌の環境はとても安定しているのです。

 

でも熱や胃酸に弱いので腸に届くまでにほとんどが死滅してしまうと言われています。腸まで届かないなら、動物性乳酸菌を摂っても意味がないんのでは?と思うわれがちですが、植物性乳酸菌とは違う役割がきちんとあります。

 

動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌のエサとなり、植物性乳酸菌をより活発化してくれる頼もしい存在なのです。また分解された菌や死骸は、食物繊維と同じような働きをしてくれますし、直接腸内を刺激し免疫機能も活発にしてくれるんです。

 

日本人と植物性乳酸菌の深い関係

実は日本人は、昔から植物性乳酸菌と深い関わりがあります。

 

漬物は、食卓の常備菜として出されたり、味噌や醤油などの調味料も日常的に使用していますよね。日本酒も植物性乳酸菌が含まれていますよね。

 

昔からある日本食と言われるものです。また日本人にとって植物性乳酸菌は、体質的にも合うとされています。例えば日本人は、牛乳を飲むとお腹に違和感を感じる人が多いと言われていますが、植物性乳酸菌を摂ったときには、お腹が痛くなるなどほとんどないと思います。

 

さらに日本人の腸は、欧米の人より長いと言われています。その分、腸内を移動する乳酸菌の道のりが長くなるので、腸内残存率が高い植物性乳酸菌なら腸内で最大限の働きが期待できるのではないのか言われています。

 

食べ物から乳酸菌を取り入れる場合は、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌だけでなく、日本の伝統食に含まれる植物性乳酸菌も摂るようにするとより相乗効果があらわれやすくおすすめです。

 


関連ページ

オリゴ糖って何?乳酸菌とどんな関係なの?
乳酸菌とオリゴ糖の関係をまとめてみました。
オリゴ糖を含む食べ物|オリゴ糖の役割と食材
オリゴ糖の役割とオリゴ糖を含む食べ物について調べてまとめました。
ケフィアってなに?ヨーグルトと何が違うの?
最近よく耳にするケフィア。ロシアではポピュラーな発酵食品らしいけど、ヨーグルトと何が違うのか気になったので調べてまとめました。
ケフィアを家で作る方法
自家製ケフィアを作る方法を調べました。手作りのケフィアを作りたい方は参考にしてみてくださいね。
ラクトフェリンってなに?乳酸菌とどんな関係?
最近よく耳にするラクトフェリン。乳酸菌と何が違うの?ラクトフェリンは何に効くの?ラクトフェリンについて調べてみました。
ビフィズス菌って乳酸菌と何が違うの?
テレビで乳酸菌以外に、ビフィズス菌やという言葉を聞くので、それについて調べてみました。どんな効果があるのかもまとめてみました。
フェリカス菌って乳酸菌と何が違うの?
テレビで乳酸菌以外に、フェリカス菌という言葉を聞くので、それについて調べてみました。どんな効果があるのかもまとめてみました。