悪玉菌と善玉菌の違いと腸内での役割

悪玉菌と善玉菌って何が違うの?|腸内環境バランス

人の腸内には、約100~120種類の細菌が約100兆個存在しています。その腸内細菌の働きは、「悪玉菌」と「善玉菌」に大きく2つに分けられます。

 

悪玉菌と善玉菌のバランスが良いと身体の状態は良好に保たれています。反対に食生活の乱れなどで悪玉菌が増えて善玉菌が減ると、身体は不調になると言われています。

 

悪玉菌と善玉菌は、腸内に長く定住するため居場所を奪い合って戦っているのです。

 

善玉菌が増えると、腸内は酸性の状態になり、悪玉菌の居心地が悪くなります。でも、食生活の変化やストレスなどで腸内の中で悪玉菌が増えると今度は、善玉菌の居心地が悪くなり定着しにくくなります。

 

腸内最近のバランスが崩れて悪玉菌が増えると、腸内は汚れてしまいます。そのじょうな状態が永く続くと老化が早まるとも言われています。さらに悪玉菌は有害物質を作りだします。悪玉菌によって発生した有害物質たちは身体にさまざまな症状を起こします。

 

若々しい健康を保つためには、腸内の悪玉菌を増やさないことが大切です。なぜなら、善玉菌は赤ちゃんの頃が一番腸内に多くいます。母乳のみの赤ちゃんのうんちがヨーグルトのニオイがするのはそのためです。そこから食べ物や体調などの影響を受けて、善玉菌はどんどん減ってきます。さらに、悪玉菌が増えやすい腸内環境では善玉菌は居心地が悪く、減るスピードが加速してしまいます。

 

悪玉菌ってなに?

 

悪玉菌は、腸内をアルカリ性にする性質を持っています。また悪玉菌は、一定の数より多くなると身体の免疫力が低下し感染症を引き起こしたり、慢性化する下痢や便秘を引き起こす原因となります。

 

その悪玉菌には、大腸菌、ウエルシュ菌、ブドウ球菌などがあげられます。さらに悪玉菌は、発ガン物質や毒素のある有害物質を作り出すことがわかっています。それらのほとんどが病原体を持っているとも言われています。

 

どのように有害物質を発生させるのかと言うと、食べ物から摂取するタンパク質は胃や腸を通過する間に消化酵素によってアミノ酸に分解され吸収されます。悪玉菌は、このタンパク質の一部を栄養分として利用します。そして、その栄養を取り込む時に分解する過程で有害物質を作り出してしまいます。

 

こう見ると悪玉菌は、悪者のイメージばかりですがそれだけではありません。実はビタミンの合成や、感染を抑える働きもしてくれています。

 

悪玉菌も完全にいなくなる方が良いわけではなく、一定の割合で存在する必要があります。

 

 

善玉菌ってなに?

 

善玉菌は、腸内を酸性にし外から襲いかかる有害な菌から守ってくれる性質があります。さらに免疫力を高めてくれたり、悪さをする悪玉菌を上手に抑えてくれる働きもします。

 

善玉菌は、腸内ビフィズス菌、腸球菌、ユウバクテリウムなどがあります。

 

健康で過ごすためには腸内細菌のバランスを整えることが大事です。そのため、どんどん減りやすい腸内の善玉菌で多くすることが大切と言われています。

 

腸内環境の理想は、善玉菌が30%、悪玉菌が10%、日和見菌が50~60%と言われています。この日和見菌は、腸内環境や食生活などの影響で、善玉菌にも悪玉菌にも変化する腸内細菌です。そのため、善玉菌の住みやすい腸内環境を整えることが大切ですね。

 

善玉菌を増やすには?

 

善玉菌を増やすには、乳酸菌が効果的です。

 

一般的に乳酸菌というとヨーグルトを思い浮かべる方が多いですね。ここ数年、体調管理のために乳酸菌の種類にもこだわったヨーグルトがどんどん開発されているため、健康のために毎日食べる人も多くなりました。

 

ヨーグルトは、牛乳、乳製品を「乳酸菌」または酵母で発酵させ独特の風味をだしたものです。ここでいう乳酸菌とは、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ブルガリア菌、サーモフィルス菌、ヤクルト菌などです。あまり聞きなれない菌もありますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は健康に良いとされており、腸内ビフィズス菌を増やす手助けをしてくれてます。

 

乳酸菌の働き

CMなどで「生きたまま腸まで届く」などのキャッチコピーがあるように、乳酸菌には生きたまま腸まで届く生菌と途中の胃酸などによって死滅してしまう死菌がいます。

 

ヨーグルトの乳酸菌の中でも生きたまま腸に届く乳酸菌は少ないと言われています。その中でビフィズス菌とアシドフィルス菌は比較的届きやすく、腸内を酸性にしてくれます。

 

ただし、死菌が何の役にも立たないのかというとそうではなく、生菌でも死菌でも効果は変わらないといわれています。大事なのは、自分の腸に合った乳酸菌を摂ることと、毎日少しずつ摂取し続けることと言われています。

 

乳酸菌は食物繊維と同じような働きをします。悪玉菌の死骸を吸着して体外へと運んでくれる働きです。毎日少しずつ摂取することで、これらの乳酸菌の活動が毎日続けられれ、環境が整うことで善玉菌が住みやすい環境にしてくれてます。

 

乳酸菌は、悪玉菌の力を弱めるという作用のほか、食べ物の消化、吸収の促進も助けてくれます。またビタミンB群を中心としたビタミンの合成や免疫力の強化など病気に対する抵抗力もつけてくれる優れものです。

 

善玉菌のしっかり活動できる腸内環境は、腸の働きも保たれ、健康維持には欠かせないものになります。