腸内環境と乳酸菌の役割

腸の中での乳酸菌の役割ってどんなこと?

腸内での乳酸菌の仕事とは

 

乳酸菌の働きは主に、免疫力を高めてくれたり、肌を美しく整えてくれたり、またアレルギーの緩和、腸の環境を整えることなど体の調子を整えることと関係しています。

 

乳酸菌を継続的に摂ることで、このような効果が維持されたり向上したりします。免疫力が高まることで体調を崩しにくくなる上、肌荒れや便秘で悩むことの多い女性には特に嬉しい効果が期待できます。

 

乳酸菌はどんなときに必要なの?

 

悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると、腸の働きが悪くなります。

 

このような悪い状態が続くと、太りやすくなったり、肌が荒れたり、口臭や体臭が強く出たりします。太りやすいというと意外かも知れませんが、腸が上手く働かないと栄養の吸収が悪くなるので、脂肪がつきやすくなってしまうというわけです。また、ガスも上手く外に出せなくなって体内に溜まってしまうので、強い臭いとなって出てしまったりします。

 

さらに悪い腸内環境をそのままにしておくと、大腸の病気などのリスクも高まります。腸内環境が悪く便秘などが続けば、腐敗した便が大腸に滞っている状態になります。想像しただけでも体に悪いとわかりますね。

 

このように、環境が悪ければ悪影響がでる反面、腸内環境を良くすることで美容にも健康にも良い効果が現れます。腸と言うのは全身の健康を保つためにとても大切な器官ということですね。

 

腸内環境を良くするための乳酸菌

 

腸内環境を良くするは、善玉菌を増やさなくてはなりません。そこで乳酸菌の力が必要になります。

 

乳酸菌ってなに?

人間の腸内には、さまざまな微生物が存在しています。微生物は人体にとって良い影響をもたらしてくれます。

 

体内の微生物や細菌の中でも、特に人体にとってなくてはならないものが乳酸菌です。

 

乳酸菌は主にヨーグルトなどの発酵乳製品などに多く含まれています。

 

多くの場合、乳酸菌と大きく括っていますが乳酸菌の種類はたくさんあります。よく勘違いされるのが、ビフィズス菌などは乳酸菌の一種と思われていますが性質は違うものです。乳酸菌もビフィズス菌も、腸内では善玉菌に分類されます。

 

乳酸菌で有名なのは、ラブレ菌、ブルガリア菌などです。ラブレ菌やブルガリア菌などはヨーグルト商品のなかでも目にする名前ですね。これらを多く摂れば摂るほど、乳酸菌を体内に効率よく取り込むことができるのです。

 

腸内での乳酸菌の役割

 

乳酸菌は、腸内環境を整えてくれたり、ガスの発生を抑えたりします。また、便通をスムーズに促してくれたりもします。

 

また生きた乳酸菌は、悪玉菌のエネルギー源であるタンパク質を取って吸着することで、悪玉菌自体の増殖を防いでくれる役割をします。これにより腸内細菌のバランスを正常化してくれます。

 

さらに生きたまま腸まで届かなかった乳酸菌や、腸内で死滅してしまった乳酸菌は、死菌と呼ばれます。

 

生きたまま腸まで届かないと役に立たないと思っている人も多くいますが、死菌も生きた菌(生菌)と同じように腸内環境にはとても良い乳酸菌です。死菌は善玉菌が退治した悪玉菌を吸着し、体の外へと一緒に連れて出ていく食物繊維と同じような働きもしてくれます。

 

 

人間は乳児期の赤ちゃんには、たくさんの乳酸菌などの善玉菌がたくさん生息しています。この善玉菌の働きにより抵抗力の少ない小さな身体を病原菌から守っていると言われています。人間の身体にとって腸の環境、さらにその状態を良くしてくれる善玉菌はとても大切です。

 

ビフィズス菌のお話し

乳酸菌と同じように知られているビフィズス菌ですが、乳酸菌とはまた少し違う働きをする細菌です。

 

ビフィズス菌も乳酸菌も腸内に存在する善玉菌で腸を整えるということは同じですが、ビフィズス菌は強い殺菌力を持つ酢酸やビタミンB群、葉酸を作り出すというところに違いがあります。

 

このビフィズス菌、加齢とともに減少していきます。また不規則な食生活や偏った食事、精神的なストレスや運動不足、喫煙などでも減ってしまうデリケートな菌です。

関連ページ

NKキラー細胞ってなに?
風邪だけじゃなく、ガン細胞などもやっつけてくれるNKキラー細胞はどうすると増やすことができるの?NKキラー細胞とその活性化についてわかりやすくまとめてみました。
いつ食べるのが効果的?
食後?空腹時?乳酸菌はいつ食べるのが一番効果的?気になるので調べてみました。